しま、まち、さとがつながり 未来に躍動する瀬戸・高松交流圏域を目指して

コラム

【コラム】海外からも注目されています。瀬戸・高松広域連携中枢都市圏域

ご存知ですか?

私たちの圏域が、今、海外から注目されていることを。

旅行予約サービスの「楽天トラベル」は、H281月~12月の楽天トラベル外国語サイトの宿泊予約人数をもとに、インバウンド(訪日旅行)人気上昇エリアランキングを発表しました。

それによると、私たちの圏域である香川県の高松・さぬき・東かがわ地域は、前年同期比で宿泊予約人数 伸び率第1位(前年の約3.4倍)となっています。

 

理由としては、次のものが考えられます。

3年に一度の「瀬戸内国際芸術祭」の開催が、人気上昇に大きく貢献。

○高松空港の国際線ネットワークの充実。(「瀬戸内国際芸術祭」会期中の臨時航路の開設や既存航路の増便等)

○うるう年である2016年は、通常とは逆周りのコースでお遍路をする「逆打ち」を行うと、より御利益が高いと言われていることから、お遍路を目的とした旅行も人気。

○うどんも海外で徐々に人気が広がっているとの情報もあり。

 

今後とも、連携市町や県、関係機関のみなさんとともに、圏域全体の観光プロモーションを進めていきます。

みなさんも、ぜひ私たちの圏域にお越しいただき、この地域の良さ・素晴らしさを実感してください。お待ちしております。

 

■関連する瀬戸・高松広域連携中枢都市圏連携事業

○海外誘客促進事業 http://seto-takamatsu-kouiki.jp/aboutfiles/6.pdf

○国内外観光客向け情報発信事業 http://seto-takamatsu-kouiki.jp/aboutfiles/4.pdf

○国内誘客促進事業 http://seto-takamatsu-kouiki.jp/aboutfiles/4.pdf

○観光プロモーション事業 http://seto-takamatsu-kouiki.jp/aboutfiles/5.pdf

○瀬戸内国際芸術祭推進事業 http://seto-takamatsu-kouiki.jp/aboutfiles/8.pdf

○新たな観光プランの企画、販売等 http://seto-takamatsu-kouiki.jp/aboutfiles/9.pdf

新着情報一覧に戻る

ページの先頭へ戻る