輝きと活力にあふれ 島、街、里が織りなす創造性豊かな交流圏域を目指して

コラム

(2月7日(木):高松市)瀬戸・高松広域連携中枢都市圏講演会を開催します!

平成28年度から、本市が中心となり、3市5町(高松市、さぬき市、東かがわ市、土庄町、小豆島町、三木町、直島町、綾川町)で国の広域連携制度である「連携中枢都市圏」を形成しており、連携する市町の役割分担と相互の連携協力の下、経済を活性化し、圏域全体の魅力を高めるとともに、住民が安心して快適に暮らすことのできる圏域づくりを進めています。
圏域の更なる発展と圏域住民の理解を深めることを目的として、瀬戸・高松広域連携中枢都市圏講演会を開催します。

ぜひ、皆様ご来場ください。

なお、参加申し込みについては、下記【参加申し込み】欄をご確認ください。

 

 

【開催日時】 平成31年2月7日(木)14時~16時

【会  場】 香川県社会福祉総合センター コミュニティホール

【講  師】 牧原 出 氏(第32次地方制度調査会委員・自治体戦略2040構想研究会 座長代理)

【演  題】 2040年の地方自治に向けて

       ~自治体戦略2040構想研究会とその後の地域のあり方~

【入  場  料】 無料(定員50名)

【参加申し込み】■氏名 ■所属団体名 ■連絡先(電話番号、FAX/メール) 

        ■託児が必要な場合は「託児要」と記入の上、高松市政策課(seisaku@city.takamatsu.lg.jp)宛てに送信して

        ください。

       (託児が必要な場合には、別途「託児申込書」で申し込みいただきます。こちらより、いただいた連絡先へご連絡

        しますので、ご注意ください。)

        参加申し込み期間:1月25日(金)まで

新着情報一覧に戻る

ページの先頭へ戻る